ただの洋服好きがおくるメンズファッションブログ。

The dress

【GUIDI】ホースレザーバックジップ。

革の王様。

「GUIDI」

 

革と出会い、試してみては

失敗だったなと後悔する。

 

多くの革と出会い最後にたどり着いたのは「GUIDI」でした。

 

私の他にも同じような人は多いはず。

本記事では私が思う「GUIDI」の魅力について語ります。

 

まだ「GUIDI」に触れたことがない人が興味を持つきっかけとなれば嬉しいです。

 

 

「GUIDI」とは。

guidi-rogo

 

世界中のセレブに愛される、イタリア最高峰のレザーファクトリーブランド。

「GUIDI」

 

何世紀にも渡る職人技で今もなお、最高品質のレザーを排出しています。

現代的なアプローチによる美的感覚を融合させ、世界各国の一流セレクトショップで人々を魅了しています。

 

公式サイト:http://www.guidi.it

 

 

「GUIDI」の歴史。

1896年、CONCERIA GUIDIE ROSELLINI(コンチェリア グイディ ロゼリーニ)が設立。

高い伝統技術からカルペディエム、キャロル・クリスチャン・ポエルへの素材提供も行って来ました。

2005年、何世紀にも渡るタンニングの技術と現代的なアプローチを持つ革新的なデザイナーとの出会いから、ブランドネームをGUIDIに変更しています。

 

参考:タンニングとは。

日本語で「なめし」を意味します。

「皮をなめす。」

とは薬剤や技法により革の耐久性や柔軟性を調整することをいいます。

 

 

「GUIDI」の革。

実際に触れて、感じていただければすぐにわかるはず。

これが本物なんだなと。

 

私がはじめて「GUIDI」の革を見たときの衝撃は今でも忘れません。

「無骨でマットな質感。」

「それでいて端正で艶やか。」

身につけていた友人に思わず「それどこの?」と聞いてしまうほどでした。

 

 

不完全な美しさ。

「GUIDI」の革の魅力。

ブログを書く人間でありながら、文章で説明するのが難しい。

言葉では伝えきれないほどの魅力があります。

 

素直に表現するならば

「不完全な美しさ。」

だと思います。

 

「GUIDI」の革はいわゆるラグジュアリーブランドの革のように完全な革というわけではありません。

つまり、どこか荒さがあり「無骨」という言葉がよく似合います。

 

しかし古臭い印象はない。

それは「艶やかさ」という一面も持っているからかと思います。

この「艶やかさ」「美しさ」を演出しているのではないかと思います。

 

「無骨」「艶やかさ」。

これらがうまく調和し、バランスを保っている。

それこそが「GUIDI」の革の魅力と言えるでしょう。

 

 

ゴロンとしたフォルム。

guidi靴トップ

 

「GUIDI」のアイテムってどこか可愛らしい印象を持つ作品が多いです。

特に靴なんかはつま先が「ゴロン」としていて、どこかジブリっぽい印象すら受けます。

 

革製品って「おじさんくさかったり」、悪い意味で「お兄さん感」が出てしまいやすいアイテムの一つです。

しかし「GUIDI」はそうはなりません。

 

革の持つ男臭さ。

ゴロンとした可愛らしさ。

これらがうまく調和する事で革にありがちなダサさを消しファッションに取り入れやすくしてくれています。

 

 

「GUIDI」ホースレザーバックジップ。

 

GUIDIホースレザーバックジップ1

 

GUIDIホースレザーバックジップ2

 

GUIDIホースレザーバックジップ3

 

GUIDIホースレザーバックジップ4

 

私にとって相棒ともいえる存在。

間違えなく一番のお気に入りです。

 

「もし家が火事になったら、真っ先に何を持っていく?」

と聞かれれば、まずこの靴を思い浮かべます。

 

「GUIDI ホースレザーバックジップ」

これ以上の一足は世界中、探してもどこにもない。

そんな風に考えてしまうほどに、この靴には特別な魅力があります。

 

 

「GUIDI」革靴の履き心地。

GUIDI履き心地

 

できれば「GUIDI」を取り扱うショップに足を運び、実際に履いて見てください。

「GUIDI お住いの地名」なんかで検索すればショップの情報が出てくると思います。

 

ショップに足を運んだら

「GUIDI」の革靴を履き、少し歩いてみてください。

間違えなく驚かれるはずです。

 

まるで自分の足のように、革が自分の皮膚の一部のように感じられます。

革靴っておしゃれのために我慢して履くこと人が多いと思います。

しかし「GUIDI」革靴はむしろ歩きやすい。

個人的にはスニーカーより断然歩きやすく感じます。

 

 

スタイルへの馴染みの良さ。

「GUIDI」の革靴を履いていただければわかると思います。

とにかく自分のファッションに自然に溶け込んでくれます。

 

独特の存在感を放ちながら、過度な主張はしない。

そんなバランス感から気がつけば、毎日のようにこの靴を履いてしまいます。

スラックスを除けば、デニム、スキニーなどほぼ全てのボトムスに対応できるのではと思います。

 

【黒スキニー】

黒スキニーGUIDI正面

 

黒スキニーGUIDI横

 

黒スキニーGUIDI背面

 

【デニム】

デニムGUIDI正面

 

デニムGUIDI横

 

デニムGUIDI背面

 

【アルチザン】

GUID正面

 

GUIDI横

 

GUIDI背面

 

 

身長が盛れる靴。

ソールの高さ

 

実はこの靴。

アウトソールが5cmもあります。

 

単純に身長が盛れます。

私は「168cm」とあまり身長が高くはありません。

そのため、この5cmは大きな差といえます。

 

最近だと身長アップインソールが東急ハンズでも普通に買えます。

しかしそういった商品にはどうしても抵抗がある人が多いはず。

バレた時に恥ずかしい。

何かを隠しているという感覚はどこか落ち着かない気持ちになります。

 

その点、この靴はアウトソールで盛っているので罪悪感があまりない。

見える部分で堂々と盛っているのだから、やましいことはありません。

 

飲み会で座敷に上がった時にいきなり身長縮んで困るんじゃない?

という指摘が飛んでくるかもしれません。

確かに靴を脱いだら身長は縮みます。

しかし飲み会の時ってほとんど座っているのであまり気にはならないです。

 

 

実際、身長が高く見られる。

私は割と自虐的に自分の身長を周りに言いふらします。

「俺、身長168cmだよ。」と。

 

すると、ほぼ必ずと言っていいほどに

「もっとあると思ってた。」

と言われます。

 

もしかするとお世辞という可能性もあるでしょう。

しかし真実だと思います。

なぜなら靴で5cmも盛っているから。

 

実際アウトソールがあると足も長く見え、スタイルが良く見えます。

女性がヒールを履きたがる気持ちがよくわかります。

 

 

ジップデザイン。

ジップデザイン

 

アルチザン系のジップにはririジップが用いられることが多くありますが「GUIDI」はYKKの高級ライン「エクセラ」が使用されています。

ririジップはデザインで優れていますが、どうしても滑らかさにかけるためYKKが使用されているのは嬉しいポイントです。

またスライダートップはGUIDIロゴが刻印されており、ブランドのこだわりが感じられます。

 

 

「GUIDI」の革靴が誇る製法。

「GUIDI」の革靴は高い技術により作られています。

今回は中でも代表的なものを一部紹介していきます。

 

 

グッドイヤーウェルト製法。

グッドイヤーウェルト製法とは熱活性化接着と工業用強度の縫い付けによる合わせ技です。

この製法により頑丈で防水性の高い、手入れによっては何十年と履き続けることができる靴が完成します。

ソールを簡単に交換する事ができるのも特徴で、これは自分だけの一足を育てる上で大きなメリットとなります。

 

 

タンブラーダイ製法。

タンブラーダイ製法とはドラム式の浴槽でじっくりと染め上げていく製法です。

この製法により革だけでなく糸までもしっかり染め上げることができます。

また浴槽内で靴同士がぶつかり合うことで「GUIDI」独特な重厚感を演出する隠し味ともなっています。

 

 

まとめ:ブーツを履こうよ。

近年のファッションは機能性を重視する傾向にあります。

おしゃれは我慢という考えは廃れてきているように感じます。

 

そんな時代の流れからか、最近はブーツを履く人が少なくなってきました。

ブーツって何かと面倒です。

飲み会で座敷だったらいちいち脱ぐのに時間がかかります。

その事あってか最近は圧倒的にスニーカーブームです。

 

しかし革靴には革靴の良さがあります。

長年履くことによる経年変化。

それがもたらす革本来の楽しみ。

私はそんな革製品を所有する喜びをもっと多くの人に知っていただきたいと考えています。

 

今回の記事は以上です。

GUIDIの革靴いいですよ。

 

【私のプロフィールです!】

【メンズファッションブログ】The dress。

 

【Twitterフォローよろしくお願いします!】

-

Copyright© The dress , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.