ただの洋服好きがおくるメンズファッションブログ。

The dress

日記

【メンズファッションブログ】The dress。

こんにちは。あまねです。

ここはただの洋服好きが送るメンズファッションブログです。

 

 

簡単な自己紹介。

メンズファッションブログ

 

天根 豊。

1991年生まれ。

 

職業は薬剤師。

普段は薬に囲まれた生活をしてます。

 

「なぜ、薬剤師がメンズファッションブログを?」

って思いましたよね。

 

実は私。

今まで学生時代のアルバイトも含め、アパレルの仕事に就いたことがないんです。

 

ではなぜ、そんな私がメンズファッションブログを始めようと思ったのか。

まずはそこからお話ししていきます。

 

 

ショップスタッフのブログって楽しくないんですよね。

いきなり悪口ですみません。(もちろん中には楽しいブログも存在します。)

でも私がメンズファッションブログを始めようと思ったきっかけってこれなんです。

 

洋服好きなら分かってもらえると思いますが、誰かが書いた洋服のレビューって凄く楽しいものなんです。

自分の知らなかったブランドを知るきっかけになるし、高くて買おうか迷っているアイテムがある時その背中を押してくれる存在でもあります。

自分で買った洋服を本音で語るってすごく価値のあることなんです。

だからこそメンズファッションブログって楽しいんだと思います。

 

でも、いざメンズファッションブログを探してみると気づくはず。

そのほとんどがアパレルのショップスタッフが運営するブログだったりするんですよね。

それも、店の宣伝を目的とするブログが多いんです。

 

個人の感想を聞きたいのに、ショップスタッフが運営するブログが出てきたらがっかりします。

なぜなら、洋服好きはもっと本音で書かれた文章を読みたいからです。

 

 

ただの洋服好きだから書けること。

とはいえショップスタッフが書くブログの内容はかなり有益です。

店にある豊富なアイテムを使ったコーディネートは最先端の「おしゃれ」とは何かを教えてくれます。

 

しかし我々からすると

「これだけ豊富なアイテムを使えばおしゃれになるのは当たり前。」

そんな風に考えてしまいがちです。

 

いかに洋服好きでも洋服にかけられるお金には限界があります。

収納するためのクローゼットの広さもまた然りです。

 

だからこそ私はアパレル店員ではない、ただの洋服好きだから書けるブログもあるのではないかと考えました。

自分の給料で買った洋服について本音で語る。

そんな皆さんと同じ立場で発信するメンズファッションブログを作りたいと考えています。

 

 

このブログの目的。

それは大好きなブランドの存続させる事です。

 

10年続けるのも難しいと言われるアパレル業界。

自分の好きなブランドが来年、再来年とあり続ける保証はどこにもありません。

 

いつまでも大好きな洋服を楽しめるよう、私にも出来ることはないかと考えました。

とはいえ、ただの洋服好きの私に特別なことなんかできません。

 

そこで

「本当にいい洋服をブログで紹介する。」

そうやって情報を発信することで少しでも力になれればと考えました。

 

 

洋服の価格帯。

ブランドにはそれぞれ狙っている客層があって、その客層に合わせた価格帯で洋服を作ります。

ブランドを価格帯で分類するならば大きく4つに分けられます。

使用される素材にもよりますがシャツ1枚を例にするとこんな感じです。

 

ラグジュアリーブランド:4万円以上

ハイブランド:2〜4万円

ミドルファッション:1〜2万円

ファストファッション:1万円以下

 

 

現在のアパレル業界。

最近は洋服にあまりお金をかけないという人が増えていると思います。

 

この記事を読む人の中にも

「ファストファッションの洋服でいいや。」

という人は多いはず。

 

では品質もかなり向上し、ミドルファッションの洋服と比べても遜色ないレベルとなってきています。

となると、わざわざ高いお金を出してミドルファッションの洋服を買う人は少なくなるでしょう。

 

ちなみにファストファッションとは真逆の存在であるラグジュアリーブランドはというと、こちらはこちらで大きな需要があります。

一部の富裕層や急速に成長するアジアの国々から絶大な人気があり、比較的潤っている市場と言えます。

 

 

ハイブランドの良さを伝えたい。

今、アパレル業界で一番苦しいのはハイブランド、ミドルファッションと言われる中間層のブランドです。

残念ながら

ファストファッションより断然良い。」

と言い切れないミドルファッションは今後どうやっても厳しくなるでしょう。

 

しかしハイブランドの洋服は自信を持って「断然良い。」と言い切る事が出来ます。

これは一度着てみたら納得すると思います。

 

確かに普段ファストファッションの洋服を買っている人からすると

「高いよ。」

と感じてしまうかもしれません。

 

しかしラグジュアリーブランドと比べるとかなり手を伸ばしやすい価格でありながら、品質は負けないくらい上質です。

ハイブランドは「本当に洋服が好きな庶民」というニッチな層に需要がある市場だと思います。

私はこのブログを通して、そんなハイブランド市場を盛り上げていきたいと考えています。

 

 

ラグジュアリーブランドはなぜ高い?

ラグジュアリーブランドは流行における原点であることが多いです。

今ある洋服のデザインの多くは服装について恐ろしいほど勉強したラグジュアリーブランドのデザイナーが作り上げて来たもの。

 

つまりファストファッションに限らず、ミドルファッション、ハイブランドも言葉を選ばずに言うならばラグジュアリーブランドのコピーに過ぎません。

だからこそ原点であるラグジュアリーブランドには価値があるんです。

 

 

庶民が無理して買うものではないよ。

高額なラグジュアリーブランドで身を固めるなんて庶民には不可能です。

 

私も何着かマルジェラやギャルソンの洋服を持っています。

しかし、それは有名デザイナーの息がかかった作品を所有し、理解したいという事が一番の目的。

「おしゃれ」を楽しむためだけならばわざわざ高いお金を出してまで買わなかったと思います。

 

ラグジュアリーブランドは流行の原点であり、最も価値があるのは確かです。

しかし、オリジナルに込められた本質的な意味を理解し、庶民の手が届きやすい値段に落とし込んだコピー品もオリジナルと同等に価値があると私は思っています。

 

 

まとめ:The dress

このブログで伝えたいことは

「みんな、もっといい洋服を着ようよ。」

ということです。

 

もちろん全員が全員、高い洋服を着るべきだとは思いません。

学生であったり、経済的な理由であまり洋服にお金をかけることが出来ない人がいることはわかります。

しかしおしゃれに興味があり、少しでも経済的ゆとりがある人はハイブランドの洋服にも目を向けて欲しいと思います。

 

一度、騙されたと思って、いわゆる高い洋服が並ぶショップに足を運んでみてください。

そして是非、袖を通してみてください。

きっと世界が変わってくるはずです。

 

本記事は以上です。

それではメンズファッションブログ「The Dress」をどうぞよろしくお願い致します。

-日記

Copyright© The dress , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.