ただの洋服好きがおくるメンズファッションブログ。

The dress

洋服

【kolor】T/W トロピカルセットアップ【素材の魔術師】

「素材の魔術師」

そんな異名を持つ阿部潤一さんが立ち上げた日本のブランド。

 

『kolor』

 

今回はそんなkolorのセットアップを購入したので紹介していきます。

 

 

【kolor】T/W トロピカル セットアップ【素材の魔術師】

T/W トロピカル セットアップ

 

T/W トロピカル セットアップ

 

T/W トロピカル セットアップ

 

T/W トロピカル スラックス

 

 

2020年3月。

GARAGE69にて購入。

 

ショップ情報

GARAGE69

リンク:https://www.garage69.jp/

住所:札幌市中央区 南3条西8丁目7 大洋ビル1F

 

 

「素材の魔術師」らしい一着。

混率

 

素材表記を見ていただければわかると思います。

かなり独特な混率をしています。

 

これこそが「kolor」

阿部潤一さんの真骨頂と言えます。

 

特に表地に関してはウール50%、ポリエステル50%とあえて化学繊維を含む素材となっています。

一般的に化繊=安いと思われがち。

しかし世の中には天然繊維より高価な化学繊維も存在します。

 

私はアパレルの人間ではないため、ポリエステルを混ぜることでどのようなメリットがあるかはわかりません。

しかし着心地はウール100%のものに比べ、非常に軽やか。

そして独特の「とろみ」を感じられます。

 

生地は比較的、薄手です。

春先に着るのにちょうどいい。

夏でも夜なら問題なく着ることが出来ると思います。

 

 

素材のこだわり。

先ほどの素材表記をもう一度よく見ていただきたい。

左がジャケットの素材表記、右がテーパードパンツの素材表記です。

お分かり頂けたでしょうか。

 

ジャケットに関しては表地、地衿、裏地と全て異なる素材を使用しています。

表地と裏地で素材を変えるのはわりと一般的。

しかしセットアップで地衿に異なる素材を持ってくるのはかなりのこだわりを感じられます。

 

ちなみに衿をめくるとこんな感じ。

 

衿写真

 

ウールの素材感が強い、少し硬めの生地となっています。

全体的にゆったりとしたシルエットですが、衿に硬めの素材を用いることでややかっちりした印象に整えられています。

 

 

トップネイビーというお色。

店員さん曰く、今季から始まったお色とのこと。

非常にいいお色で御座います。

 

少しくすんだ灰色がかったネイビー。

色白な私の肌によくなじみます。

 

実はこの色味こそが購入への決定打になりました。

この素材に、このお色。

本当に素晴らしい。

化繊だからこそ出せる色味なのではないかと思います。

 

 

ラグランのようなパターン。

肩の写真

 

脇

 

ダーツ

(後ろにダーツが入っています。)

 

このジャケット、肩のパターンがかなり特殊です。

肩パットが入っていないという点では近年流行りのアンコンジャケットと同じ。

しかし肩の落ち方はラグランのような印象があります。

 

写真を見ていただければわかると思うのですが肩のラインが決められていないんです。

つまり人それぞれ、肩にあった自然なラインで落ちてくれるんです。

 

着用写真

 

肩まわりが非常に楽でカーディガン着ているような着心地。

程よいリラックス感が素敵です。

 

 

緩やかなテーパード。

テーパード

 

このセットアップ。

本当にいいのはパンツの方なんです。

この程よいテーパード感。

他にはないです。

 

ツータック

 

ツータックが入っており、腰回りはゆとりのあるシルエットになっています。

しかし裾に向かうにつれ、緩やかなテーパードになっており、野暮ったいという印象はありません。

 

裾

 

ジャケット同様、程よいバランス感が素晴らしい。

着用した瞬間に

「うわっ!いい!」

となりました。

 

 

ドレスとカジュアルのバランス感。

セットアップをオフの日に着たい人にぴったりなアイテムだと思います。

ドレスライクなアイテムにも関わらず、パターンで崩しを入れているため仕事着感は全くないです

これも「kolor」の高いテーラリング技術によるもの。

 

ラペル

 

ラペルもほどよく細く、すっきりした印象です。

「kolor」独特のバランス感といった所です。

 

 

着用スタイル。

 

白のカットソーを合わせてみました。

春らしい軽やかなスタイルになったと思います。

 

靴はスニーカー、もしくは短靴がマストだとは思いますが、どうしてもスタイルのどこかにアルチザンなエッセンスを交えたい私。

GUIDIのバックジップを合わせてしまいました笑

 

一般的にウール生地のパンツにブーツは相性が悪く、足元が浮いてしまいます。

しかしkolorのパンツはテーパードが緩やかであるため、そこまで違和感はないのではないかと思います。

 

 

まとめ:「kolor」独特のバランス感。

素材、色、シルエット。

どれをとっても完璧な一着。

最近はマス層でもテーラードジャケットやスラックスを私服に取り入れる文化が浸透してきました。

(ユニクロなど安価で高品質なものが出回るようになったため)

差別化を図るためにも、このようなこだわり抜いたアイテムを積極的に取り入れていくべきだと思います。

 

今回の記事は以上です。

kolorのセットアップおすすめですよ。

 

【私のプロフィールです!】

【メンズファッションブログ】The dress。

 

【Twitterフォローよろしくお願いします!】

-洋服

Copyright© The dress , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.